身体が風俗を欲している!

ソープに行くとパラダイスです

風俗の中で最も好きなのがソープなんです。やっぱり特別ですよね。他の風俗とは違う…まぁそれは当たり前ですけど、プレイそのものを抜きにしても女の子がこちらのためにサービス精神やホスピタリティなど、とにかく「奉仕」をしっかりと行ってくれるじゃないですか。そこに心を奪われるんですよ。それに、いわば包容力があると言っても良いので、思う存分自分の感情をぶつけることが出来るなとも思うんです。つまりはソープこそ、自分にとって理想そのものと言っても良い場所なんですよね。それ以外の場所だと、どうしてもいろいろなことに気を使わないといけないじゃないですか。ともすればクレームだ炎上だって何が問題になるのか分からないよの中なんです。でも、ソープの中だけはそんなことを考えずに、自分の感情の赴くままに楽しめる空間なんです。つまりはソープの中は男にとってパラダイスと言っても良いと思うので、自分の中で本当に特別なんですよね。

制約がないのも好きなんですよ

風俗って何も制約がないんですよね。もちろん楽しむ上でのルールはありますけど、他のサービスのように継続して利用しなければならないとか、一度指名したら指名し続けなければならないとか、次はいつ来るのかと急かされるようなこともなく、すべてが自分のペースで楽しめるんです。そこが風俗の良いところかなって思っているんです。もしもですけど、まったく同じサービスでも女の子から急かされたり、ある程度利用しないと入店資格を失うとかであれば、風俗への距離感はもっと遠いものになってしまっていたんじゃないかなって思うんですよね。でも実際にはいつ利用しても良いものじゃないですか。それこそ誰かにあれこれ言われるようなこともありませんし、自分の好きなように、好きなペースで楽しめるので、マイペースな自分に合っているのかなって。だから風俗は、自分でもいつ利用するとか決めていなくて、気持ちが盛り上がってきた時に利用するようにしています。