身体が風俗を欲している!

なぜ風俗は特別なのか

なぜ風俗が自分の中で特別な存在になったのかは、結局の所自分の中でいろいろな気持ちというか、自分のライフスタイルそのものっていう話なのかもしれないですね。なぜなら、風俗以外のサービスでここまで自分が長続きしたものはないんです。他のサービスはいつしか使わなくなってしまっているものもあるんですけど、でも風俗だけは使い続けていたんですよね。別に頑張ろうとかではなくて、気付いたら使っていたって話なんですけど、でもそのおかげで風俗が次第に特別というか、自分の中で大きなものになっていたんですよね。だから風俗ではあまり深く考えないようにはしていますけど、でも定期的に利用しているとも言えますね。それがいつしか特別になっていたと(笑)前はそこまで意識していなかったんですけど、最近ではしばらく風俗を利用していないと、なんだか体の調子が悪いような気がするんですよね(笑)そう思うってことは、それだけ自分の中で特別なものになってきているのかなって。

緊張感が良い方向に行った

彼女、かなり緊張しているのが伝わりました。自分でも分かったくらいです。おそらく相当緊張していたんじゃないですかね。まだまだ風俗のお仕事に慣れていないとのことでしたので、緊張してしまうのも分からない話ではないですよね。風俗の仕事は言われているほど簡単なものではないことは、客である自分もよく分かります。だから緊張してしまうのは全然問題ないですよね。むしろその緊張が良い方向に進むこともあるんです。例えばですけど、前回もそうだったんですけど緊張しているからたどたどしい部分もあるじゃないですか。でもそれが初々しいというか、良い意味で風俗嬢らしさを感じさせないので、風俗で遊んでいるんじゃなくて普通に女の子と遊んでいるんじゃないかって自分でも錯覚してくるんですよね(笑)だから個人的には風俗嬢が緊張していても、特に何も思わないですよね。むしろそこで怒ったら、快感どころじゃなくなっちゃうと思いますよ(苦笑)