身体が風俗を欲している!

暇だからじゃないんです

風俗を楽しむ時は、暇だからとか余裕があるからではないんです。人気嬢次第なんです。誰でも良いって訳じゃなく、風俗ではそれなりにこだわりを持って利用するようにしているので、人気嬢を指名するケースの方が圧倒的に多いです。でも、風俗嬢にも出勤ってものがあるじゃないですか。頻繁に出勤している子もいれば、めったに出勤しない子もいます。自分が気になる子がどちらなのかによってもまた、風俗を利用するタイミングが変わってきますよね。頻繁に出勤している子であれば、ある程度は自分の生活のリズムを優先しますけど、めったに出勤しないレア嬢ともなれば彼女の出勤に合わせるしかないですよね。週一、あるいは月一。そんな頻度でしか出勤しないような風俗嬢をたまたま偶然捕まえるって難しいと思うんですよね。だからこちらから合わせないといけないと思うんですよ。それもあるので、風俗を利用するタイミングは、いわば風俗嬢の出勤しだいってことなんです。

時に、風俗は頼りになる存在だなと

そんなにいつもって訳じゃないんですけど、時には風俗も頼りになるなって思いますよね。そんなに頻繁に遊んでいる訳じゃないので、それでも十分と言えば十分ですし(笑)特に頼り甲斐があるなって思うのは、自分がいろいろと失敗して精神的に参っている時ですね。本来風俗は性的な満足を求めるものだと思うんですけど、精神的に参っていると、心の支えが必要というか、求めてしまうものじゃないですか。そんな時にありがたいなって思うのが風俗なんですよ。だって風俗嬢って、無条件で自分のことを迎え入れてくれるじゃないですか。これは世の中、風俗だけなんじゃないですかね(笑)時には恋人やパートナーでさえ自分のことを叱責すると思うんですけど、風俗嬢だけはどんな自分であれ肯定してくれるんです。お客だから当たり前かもしれませんけど、その「当たり前」に何度も救われたことがあるので、自分には風俗が本当に貴重なサービスだなって思うんですよね。